改憲発議「1年もあれば」 自民・二階氏が意向 

  • LINEで送る

 自民党の二階俊博幹事長は12日夜のBSフジ番組で、憲法改正を巡り、年内をめどに国会発議を目指す意向を表明した。衆参両院の憲法審査会での議論を念頭に「1年もあればいいのではないか」と述べた。安倍晋三首相が早期の国会発議に意欲を示していることを踏まえた発言とみられる。野党から「スケジュールありきだ」と批判が出る可能性がある。

 二階氏は改憲論議の進め方について「拙速は駄目だが機運が大事だ。いま機運が半分ぐらい出てきており、これを加速すべきだ」と指摘。首相が掲げる2020年の改正憲法施行の目標に関し「結果的にそこに落ち着くよう腹をくくって努力すべきだ」と強調。