1人暮らしの高齢者にご用聞き イオン、電球1個の交換から 

  • LINEで送る

ご用聞きサービスの説明をする担当者の明石稔さん=2017年12月、千葉市のイオンスタイル検見川浜

 流通大手イオンは、1人暮らしの高齢者らの困り事に対応するご用聞きのサービスを始めた。ラジオ体操などの「朝活」を楽しめる店舗を強化する一環で、電球1個の交換から担当者が駆けつける。実店舗を苦境に追い込むインターネット通販大手アマゾンへの対抗策としても注目される。

 新サービス「暮らしのパートナー便」は、昨年11月に開業したスーパーのイオンスタイル検見川浜(千葉市)で導入した。連日、脚立での作業が必要な電球交換やカーテンの取り外しなどの依頼が舞い込む。「ピアノの移動に応じた際は腕が上がらなくなった」と、担当者の明石稔さん(65)はうれしい悲鳴を上げている。