台風1号が発生、フィリピン海上 過去3番目の早さ 

  • LINEで送る

 気象庁によると、3日午前9時ごろ、フィリピンの西の海上で熱帯低気圧が台風1号になった。台風の発生日時としては、同庁が統計を取り始めた1951年以降で3番目に早い。時速35キロで西北西に進んでいる。

 中心の気圧は1002ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から半径110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。