ポーランドが性犯罪者公開 ウェブ上に顔写真や氏名

  • 0
  • LINEで送る

 【ベルリン共同】ポーランド政府は2日までに、性犯罪の再発防止策として強姦や児童への性的虐待で有罪となった768人の顔写真や氏名などを誰でも閲覧できるウェブサイト上のデータベースで公開した。

 危険な性犯罪者情報を住民に知らせることを定めた米国の法律を例に「犯罪者を監視するのに有効だ」と強調している。

 さらに関係する当局や機関に閲覧を限定した上で、児童ポルノに関連した犯罪などに及んだ2614人のデータベースも開設。学校長らに職員採用時の確認を義務付け、該当者の雇用を禁じた。