大阪の主要百貨店で初売り 体験型福袋やイベント充実 

  • 0
  • LINEで送る

 大阪市の主要百貨店で2日、新年の初売りが始まった。阪急百貨店梅田本店(北区)では約7500人が並び、予定より30分早い午前9時に開店した。各店は体験型の福袋や新春のイベントを充実させ、年始商戦を盛り上げた。

 阪急梅田本店は、食料品やリビング用品などを詰め込んだ福袋約5万個を用意した。「憧れ体験福袋」と題して、ファッションショーのモデルを体験できる高級ドレス付きの福袋(100万円など)も販売した。

 日本一高いビル「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(阿倍野区)では、「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋棋士の加藤一二三・九段のトークショーなどを開催した。