餅を喉に詰まらせ2人死亡 15人搬送、東京消防庁 

  • LINEで送る

 東京都内で1日、餅を喉に詰まらせて55~90歳の男女15人が搬送され、このうち50代と80代の男性2人が死亡したことが東京消防庁のまとめで分かった。

 東京消防庁によると、亡くなったのは大田区の50代男性と江戸川区の80代男性で、いずれも自宅や知人宅で餅を食べた際に喉を詰まらせた。

 同庁は「小さく切って、ゆっくりかんでからのみ込んでほしい。乳幼児や高齢者と一緒に食べる際は様子を見るなど注意を払って」と呼び掛けている。