温泉施設で70人食中毒、京都 ノロウイルス検出 

  • LINEで送る

 京都府は30日、同府京丹後市久美浜町平田の温泉施設「湯元館」で20~23日に食事をした滋賀、兵庫両県の日帰りツアー客計70人が嘔吐や下痢の症状を訴え、8人からノロウイルスが検出されたと発表した。重症者はいない。調理を担当した従業員からも検出され、府生活衛生課は従業員のウイルスが食事を介して客に感染したとみている。

 同課によると、70人は20~80代の男女で、5グループ。それぞれ湯元館で昼食を取った。府は湯元館を30日から3日間の営業停止処分とした。