インド伝説の王妃上映延期 「歴史破壊」と大規模デモ 

  • LINEで送る

インド・ウダイプルで、映画「パドマバティ」に抗議する団体のメンバー=11日(共同)

 インド西部ラジャスタン州にあった王国の王妃の伝説に基づいて企画された映画が、「歴史の破壊だ」と批判するカースト団体による大規模デモに遭い、12月1日の封切りが延期された。同州にある城跡では、上映反対のメッセージとともに男性遺体が見つかるなど、影響が広がっている。

 映画は「パドマバティ」。メワール王国の王妃パドミニを描いた約500年前の叙事詩に基づいて作られた。ヒンズー教徒の王妃を妻にしようとイスラム教徒の皇帝が王国を侵略するが、王妃は焼身自殺して抵抗したという叙事詩で、王妃は後に住民が神格化した。