いぬ年の国会議員は62人 オンリー「ワン」目指す 

  • LINEで送る

(左から)大島理森衆院議長、中曽根康隆氏、菅直人元首相

 2018年の干支、いぬ年生まれの国会議員は衆院44人、参院18人で計62人いる。最年長組は1946年生まれの大島理森衆院議長ら8人。最年少組は、中曽根康弘元首相の孫で自民党の中曽根康隆氏ら82年生まれの6人。康隆氏は「元首相の孫と見られるのは仕方ないが、康隆という独自色を出せるオンリーワンになりたい」と意欲を示した。永田町の年男、年女に抱負を聞いた。

 大島氏は、天皇陛下の退位が19年4月に決まったことを踏まえ「歴史を学び、新元号への準備を行うとともに、そのあるべき姿を考えるという『温故考新』の年にしたい」とコメントした。