「原作の衝撃を届けたい」 「デビルマン」の湯浅監督 

  • LINEで送る

「永井さんは『どこを変えてもいいよ』と任せてくれました」と話す湯浅政明監督

 動画配信大手「ネットフリックス」のオリジナルアニメ「DEVILMAN crybaby」。漫画家永井豪さんの代表作「デビルマン」を、配信限定ならではの自由な表現で映像化した。独特の映像美が国内外で高く評価されている湯浅政明監督は「人生で一番ショックを受けた漫画。同じ衝撃を視聴者に届けたかった」と話す。

 明快なヒーローものとして描かれたテレビアニメ版とは異なり、永井さんの漫画は登場人物が非業の死を遂げるなど、陰惨な描写が多い。「高校生の頃に読んで『こんな展開があっていいのか』と驚いた」と湯浅監督。

 制作にあたっては「舞台を現代に置き換えつつ、原作のラストシーンにたどり着くこと」を最大の目標にした。ヒロインの味方になる不良グループはラッパー集団に、デビルマンたちが使うテレパシーはインターネットに―と、現代に合わせた設定に変えているが「基本的な要素は全て、原作の中にある」という。

 大勢の人や悪魔が命を奪われる残酷な描写はそのままに、過激な性愛の表現も付け加えた。「生き物の生々しい部分を徹底的に描かないと、あの結末に到達できない。表現や時間の制約が少ない配信作品として制作できたのは幸運でした」

 一方、本当に残虐な場面では、あえて直接的な描写を避けた。「全部見せない方が、想像力が働いて怖くなる。特にアニメは想像させるのが得意な媒体です」と語った。

 1月5日から、全10話同時配信。