希少がんの診療病院一覧を公開 第1弾は軟部肉腫、次は目のがん 

  • 0
  • LINEで送る

 国立がん研究センターは25日、患者が極めて少ない「希少がん」の専門的な診療ができる病院の公表を始めた。患者が病院を探したり、一般の医師が適切な相談先を見つけたりするのに役立ててもらう。第1弾は手足や胴体にできる軟部肉腫で、今後、対象となるがんの種類を増やしていく。

 軟部肉腫は、筋肉や脂肪などのがんで、痛みのないこぶができ、数カ月で大きくなって発覚することが多い。次は目のがんの病院を選ぶ予定。

 https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/から「希少がん情報公開専門病院を探す」のボタンを押すと病院の検索画面に入れる。