関電、残る原発の再稼働に全力 発電比率4割目指す

  • 0
  • LINEで送る

記者会見する関西電力の岩根茂樹社長=22日午後、大阪市

 関西電力は22日の臨時取締役会で、大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を正式に決めた。大阪市で記者会見した岩根茂樹社長は「残る原発の再稼働を進め、将来的に自社の発電比率の4割を目指す」と強調。引き続き原発を重要な電源として活用するため、全力で再稼働に取り組む方針を示した。

 岩根社長は廃炉理由を「作業上の安全面を考えると、求めるレベルを確保するのが難しい。非常に残念だ」と説明した。関電は来年中に廃炉の具体的な工程をまとめ、原子力規制委員会に提出する。作業には30年ほどかかる見通しで、費用は1基当たり約580億円と見積もっている。