大谷翔平選手に相次ぐ警戒の声 同地区の監督が高く評価

  • 0
  • LINEで送る

 【レークブエナビスタ(米フロリダ州)共同】米大リーグ球団の幹部や代理人らが一堂に会するウインターミーティングが12日、フロリダ州レークブエナビスタで行われ、プロ野球日本ハムからエンゼルスへの移籍を決めた大谷翔平選手に対し、同じア・リーグ西地区の首脳陣からは警戒する声が相次いだ。

 今季のワールドシリーズを制したアストロズのヒンチ監督は大谷を「大いなる未知」と表現した。日本で実績を残し、海を渡った過去の投手と同様、メジャーの打者と対戦経験がないことがプラスに働くとし「他のルーキーと対戦するときと同じく、素早く対応しないといけない」と話した。