羽田空港で働くロボット披露 警備や翻訳、実証実験へ

  • 0
  • LINEで送る

2020年東京五輪・パラリンピックに向け導入を目指す「警備」ロボット=12日午後、羽田空港

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け羽田空港のサービスを向上させようと、ロボットの導入を目指す国内線旅客ターミナルビル運営会社「日本空港ビルデング」は12日、「警備」「物流」「翻訳」の3分野で活躍が期待されるロボット7機種をお披露目した。

 13日以降に実証実験を順次スタートさせる。日本空港ビルの横田信秋社長は「労働力人口の減少が予想される中、ロボット技術の活用は不可欠だ」と話した。

 実験は来年2月9日まで。これまでも「案内」「移動支援」「清掃」の3分野で実施した。