マンションに腐乱遺体、東京 署員が酔った男性送り届け発見

  • 0
  • LINEで送る

 4日午後9時25分ごろ、東京都文京区のマンション5階の部屋で、腐乱した男性の遺体を警視庁富坂署員が発見した。直前に酒に酔った状態の部屋の住人とみられる自称80代の男性を送り届けようとした際に遺体が見つかった。署は男性が何らかの経緯を知っているとみて、死体遺棄事件の可能性を視野に遺体の死因や身元の特定を進める。

 署によると、約1時間前に、現場近くの路上で酒に酔った状態の男性を発見。この部屋の住人と説明した。

 「息子がマンションにいる」と話しており、署員が部屋の前まで行ったところ異臭を感じ、無施錠の玄関から部屋に入って遺体を見つけた。遺体は腐敗が進んでいた。