税金の無駄遣い、874億円 森友問題は年内にも公表

  • 0
  • LINEで送る

 会計検査院は8日、官庁や政府出資法人などを調べた2016年度決算検査報告を安倍晋三首相に提出した。「税金の無駄遣い」を指摘したり改善を求めたりしたのは423件、総額874億4130万円だった。

 検査院は今回の決算検査報告とは別に、学校法人「森友学園」への国有地売却問題についても調べている。結果は年内にも公表する見通し。

 指摘金額は15年度の1兆2189億円から激減し、件数・金額ともに過去10年で最も少なくなった。15年度の指摘金額が多かったのは預金保険機構が管理する約1兆900億円を使い道のない余裕資金とみなしたため。