フィンランド、テロで捜査 拘束の容疑者は18歳モロッコ人

  • 0
  • LINEで送る

 【ロンドン共同】フィンランド南西部トゥルクの中心部で18日、通行人が次々に刺された事件で、地元警察は19日、テロとみて捜査していると明らかにした。事件では2人が死亡し、8人が負傷。拘束した容疑者は18歳のモロッコ人だという。ロイター通信などが伝えた。

 警察は、容疑者が女性を狙ってナイフで襲撃した疑いで捜査。容疑者は黙秘しており、自宅の押収品などから犯行動機を調べている。別のモロッコ人の男4人もテロに関わった可能性があるとして拘束したほか、もう1人の男を国際手配した。

 死亡したのはいずれもフィンランド人の女性で、けが人8人のうち6人も女性。