「民泊」利用者に乱暴疑い、福岡 ワンルーム提供の男を逮捕

  • 0
  • LINEで送る

 福岡県警中央署は16日、「民泊施設」として提供した福岡市のワンルームマンションで、利用者の外国人女性に乱暴したとして、強制性交等致傷の疑いで、同県古賀市、自称自営業長部聡一容疑者(34)を逮捕した。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は16日午前6時半ごろ、民泊用に借りていた福岡市中央区のワンルームマンションの一室で、利用客の韓国人女性(31)に乱暴し、けがを負わせた疑い。

 中央署によると、女性はインターネットで部屋を予約し、一緒に旅行していた女性と宿泊した。韓国総領事館を通じて110番し、発覚した。民泊施設の実態や許可の有無などを調べる。