赤ちゃんネズミイルカ死ぬ おたる水族館で先月出産

  • 0
  • LINEで送る

 北海道小樽市のおたる水族館で5月に生まれたばかりのネズミイルカの赤ちゃんが死んだことが15日、同水族館への取材で分かった。国内で飼育下での出産は同館だけで、長期飼育が期待されていた。

 同館によると、12日午前に泳ぎ方に元気がなくなり、ミルクの量や中身を調整したが、同日午後7時20分ごろに死んだ。死因は細菌性の肺炎。母親のアツコに哺乳行動が見られなかったため、飼育員が24時間態勢で人工保育を続けていた。

 ネズミイルカは現在、国内で5頭飼育されている。同館では2015年にも赤ちゃんが生まれたが、直後に死んだ。