横浜事故、認知症自覚なく不起訴 集団登校7人死傷で88歳男 

  • LINEで送る

登校中の小学生らが巻き込まれた事故現場周辺=横浜市港南区(共同通信社ヘリから)

 横浜市港南区で昨年10月、集団登校の列に軽トラックが突っ込み、小学生ら7人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された合田政市容疑者(88)について、横浜地検が認知症との自覚がなかったなどとして不起訴処分としたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、記憶が所々抜け落ちている状態で認知症とみられるが、これまで家族から運転をやめるよう促されたことも、認知症の通院歴もなかった。認知症との自覚がなく、事故を引き起こすことが予見できなかったため、過失責任が問えないと判断したとみられる。