そっくり男出頭させた容疑で逮捕 別人と見抜けず、スピード違反 

  • LINEで送る

 スピード違反で摘発された際、自分とそっくりの知人に身代わり出頭させたとして、警視庁交通執行課は1日までに、強要や犯人隠避教唆などの疑いで、東京都墨田区緑、元風俗店経営西山将史容疑者(27)を逮捕した。犯人隠避の疑いで、身代わり出頭した同区太平、建設作業員菅野成容疑者(21)も逮捕した。逮捕はいずれも1月30日。

 逮捕容疑は昨年3月、西山容疑者が千代田区の首都高速環状線を、制限速度を57キロ上回る時速107キロで走行して摘発された際、「おまえしかいない。妹をさらうぞ」と菅野容疑者を脅し、身代わり出頭させた疑い。