援助交際見返りに偽札疑い 岐阜の僧侶逮捕、愛知県警

  • 0
  • LINEで送る

 インターネットで知り合った女子高校生と援助交際をした見返りに自作の偽1万円札を渡したとして、愛知県警中村署は26日、通貨偽造・同行使の疑いで、岐阜県大垣市深池町、僧侶神戸寛亮容疑者(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は、大垣市にある勤務先の寺で1万円札を偽造し、今年3月29日に岐阜市内のホテルで援助交際の対価として、当時17歳の少女に偽札を渡した疑い。

 中村署によると、少女が名古屋市の薬局で支払いした際に店員から指摘され、一緒にいた知人が県警に連絡して発覚。少女は少なくとも2枚の偽札を受け取っていたという。