女神像の前でバイオリン サポーターの高嶋ちさ子 

  • LINEで送る

アルテミス像の前でバイオリンを演奏する高嶋ちさ子=東京都台東区の東京国立博物館平成館

 バイオリニストの高嶋ちさ子が、東京国立博物館平成館(東京都台東区)で開催中の特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅」の「応援サポーター」に就任し、展示されている狩猟の女神「アルテミス」像の前で生演奏を披露した。

 数十人の子どもたちに囲まれ、自身が作曲した「スーベニアの眠る丘」を弾き終わると、「アルテミス像よりも子どもたちが気になった。こんなに静かに聞いてくれてうれしいな」とにっこり。

 特別展を見学して「うちの子どもを連れてきて夏休みの自由研究として共に勉強したい」と母親の顔を見せた。

 「本当に人間の歴史って長いと思うし、他の子と(テーマが)かぶらないでいい。去年はカブトムシをやったら相当かぶったので」と笑いを誘った。