夜間中学、中卒も入学可 文科省が通知、不登校に対応 

  • LINEで送る

 文部科学省は30日、中学校を卒業した形になっているものの、不登校などで実質的には義務教育を受けていない人が、夜間中学に入って学び直したいと希望した場合、可能な限り、入学を許可するよう全国の教育委員会に通知した。

 文科省によると、自治体設置の夜間中学は8都府県に31校あり、昨年5月時点で1849人が在籍。入学要件を定めた法令はないが、文科省が「中学校を卒業していない場合は就学を許可して差し支えない」との見解を示していたことを受け、全校が「中学校を卒業していないこと」を入学要件にしている。