松山東2―3東海大四 東海大四が逆転勝ち 

松山東―東海大四 8回裏東海大四1死二、三塁、邵が右前に逆転の2点打を放つ=甲子園

 東海大四が逆転勝ち。中盤の好機を逃し続けたが、2点を追う八回に金村、邵の適時打など5安打を集中して3点を奪った。先発の大沢は中盤以降、力強い直球とスライダーを巧みに投げ分けて立ち直り、7安打12奪三振で完投した。

 松山東は一回に米田の2ランで先制したがその後は本塁が遠く、粘投を続けていた亀岡が最後に力尽きた。


  • LINEで送る