静岡、河川敷発砲の疑いで逮捕 自殺示唆の男、16時間説得 

  • LINEで送る

 7日午後4時35分ごろ、静岡県磐田市豊岡の天竜川河川敷で、男が地面に向けて拳銃を発砲した。県警は、自殺をほのめかす男に投降するよう説得を続け、約16時間後の8日午前8時20分ごろ、銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕した。

 磐田署によると、男は住所、職業不詳寺田英之容疑者(45)。逮捕容疑は、法定の除外理由がないのに自動式拳銃1丁と実弾を所持した疑い。捜査員や近隣住民にけがはなかった。

 寺田容疑者は7日午後「話したいことがある」と電話をかけて面識のある捜査員を河川敷に呼び出した後、自殺を示唆しながら1回発砲した。