甲子園決勝は大阪桐蔭と三重 全国高校野球選手権 

日本文理戦に先発した三重・今井=甲子園

 第96回全国高校野球選手権大会第13日は24日、甲子園球場で準決勝が行われ、大阪桐蔭が春夏連覇した2012年以来2年ぶり、三重は初の決勝に進出した。三重県勢が決勝に進んだのは、1955年に優勝した四日市以来で59年ぶり。決勝は25日午後1時にプレーボールの予定。

 4度目の全国制覇を狙う大阪桐蔭は敦賀気比(福井)に15―9で打ち勝った。5―6の四回、森の2点本塁打など4長短打で5点を奪って逆転し、六回にも3点を加えた。

 69年の選抜大会を制した三重はエース左腕今井が5安打で完封し、日本文理(新潟)に5―0で快勝した。


  • LINEで送る