富山商5―6日本文理 日本文理がサヨナラ勝ち 

富山商―日本文理 9回裏日本文理1死一塁、新井が左越えに逆転サヨナラ2ランを放つ。捕手富川=甲子園

 日本文理が逆転サヨナラ勝ち。4―5の九回、先頭の池田が安打で出塁すると、1死後に新井が左越えの逆転サヨナラ2ランを放った。先発の飯塚は11安打を浴び、5失点したが、9回を投げきった。富山商は2点を追う八回に6長短打で4点を奪い、一度は逆転。逃げ切りをはかったが、八回から登板した2番手の岩城が最後につかまった。


  • LINEで送る