健大高崎10―0利府 機動力発揮して快勝 

健大高崎―利府 6回裏健大高崎2死一、三塁、柘植が左中間に2点二塁打を放つ。捕手小野=甲子園

 高崎健康福祉大高崎が持ち前の機動力を発揮した。一回に4盗塁を絡めて好機を広げ、犠飛と2連続二塁打で3点を先制。三回は柘植の適時打などで2点を挙げた。柘植は5打点。4投手の継投で0点に抑えた。利府は先発奈須野が足で揺さぶられて安定感を欠き、三回途中で降板。救援陣も踏ん張れず、大量点を追う展開で攻めが単調になった。


  • LINEで送る