角館1―6八頭 八頭が中盤に突き放す 

角館―八頭 5回裏八頭2死三塁、大基が勝ち越しの中前打を放つ。捕手千葉=甲子園

 八頭が中盤に突き放した。五回2死三塁から大基の中前打で勝ち越すと、六回は1死二塁から西垣、川田、藤原の3連続長短打で3点を奪った。鎌谷は縦に大きく割れるカーブを軸に的を絞らせず、1失点で完投した。角館は八頭と同じ11安打を放ったが、10残塁。一回に3連打で先制して以降は打線がつながりに欠け、好機が広がらなかった。


  • LINEで送る