新幹線回数券詐取した疑い 愛知県警、会社員逮捕

  • 0
  • LINEで送る

 旅行会社から1400万円相当の新幹線回数券をだまし取ったとして、愛知県警中村署は10日、詐欺の疑いで、名古屋市中村区太閤、会社員藤原史裕容疑者(32)を逮捕した。

 同署は、藤原容疑者が2011年8月からの約1年間で、総額1億円相当の回数券を詐取したとみて裏付け捜査を進めている。藤原容疑者は当時、トヨタ自動車の子会社に勤務しており、人事・総務部門の事務を担当していた。

 同署によると「金券ショップで換金し、生活費や他にだまし取った回数券の代金の穴埋めなどに充てていた」と容疑を認めている。旅行会社への代金支払い滞納が発覚し、12年11月に懲戒解雇されていた。