延岡学園野球部、下級生に暴行 昨夏の甲子園準優勝 

暴行があった延岡学園高野球部の室内練習場=23日午後、宮崎県延岡市

 昨年夏、甲子園の全国高校野球選手権大会で準優勝した延岡学園高(宮崎県延岡市)野球部で昨年10月、2年生部員(17)が1年生部員(16)に暴行し、鼻の骨を折るけがを負わせたことが23日、学校への取材で分かった。日本高野連は野球部を厳重注意処分にした。

 学校によると、昨年10月上旬、野球部の室内練習場で練習中、2年生が1年生の後頭部をバットのグリップで複数回たたき、体を押し倒すなどの暴行をした。同18日に暴行を受けた1年生の保護者から学校側に相談があり発覚した。

 延岡署は昨年11月20日、傷害容疑で2年生部員を書類送検し、宮崎地検が同29日に家裁送致した。


  • LINEで送る