IC乗車券のベトナム輸出支援 政府、年明け現地調査

  • 0
  • LINEで送る

 政府は、JRや地下鉄などを通じて日本国内で普及したカード型IC乗車券とその運営システムについて、ベトナムへの輸出を本格支援する方針を固めた。円借款供与も視野に入れ、来年1月から現地調査に着手。ベトナム政府にも働き掛け、日本企業の参入を促す。ベトナムを足掛かりに日本の鉄道関連の技術やインフラの輸出拡大へ弾みをつけたい考えだ。

 政府関係者が28日、明らかにした。首都ハノイと南部ホーチミン両都市圏で計14路線の鉄道整備が進んでおり、日本側は全ての路線で日本式IC乗車券を一括採用させることを目指す。