西脇工1―3木更津総合 木更津、序盤のリード守りきる 

  • LINEで送る

西脇工戦の1回に緊急登板した木更津総合・笈川=甲子園

 木更津総合が序盤のリードを守りきった。一回に連打から谷田の犠飛で先制すると、二回2死二、三塁から東の左前打で2点を加えた。一回途中から登板の笈川は変化球を丁寧に低めに集め、反撃を1失点にしのいだ。西脇工は翁田が力のある直球を軸に三回以降得点を許さなかった。2点を追う九回は2死満塁まで攻めたが、及ばなかった。