鳴門、常総など3回戦へ 全国高校野球選手権第8日 

  • LINEで送る

聖光学院を破り喜ぶ、完投した長谷川(中央)ら福井商ナイン=甲子園

 第95回全国高校野球選手権大会第8日は15日、甲子園球場で2回戦4試合を行い、鳴門(徳島)常総学院(茨城)作新学院(栃木)福井商が勝ち上がった。鳴門は常葉学園菊川(静岡)、常総学院は福井商、作新学院は日大山形と3回戦で対戦する。

 鳴門は延長十回、無死満塁から松本が左翼への決勝打を放ち、修徳(東東京)に6―5でサヨナラ勝ち。

 常総学院は六回に高島の2点三塁打で均衡を破ると八回にも加点。今春の選抜大会8強の仙台育英(宮城)を4―1で退けた。

 作新学院は、渡辺―朝山の継投で熊本工に4―0で快勝。

 福井商は聖光学院(福島)に2―1で競り勝った。