明徳義塾2―1瀬戸内 明徳が投手戦制す 

  • LINEで送る

瀬戸内戦に先発した明徳義塾・岸=甲子園

 明徳義塾が投手戦を制した。岸は内外角を丁寧に突いて6安打1失点で完投。打線は五回、先頭の宋が左越え本塁打を放って先制。さらに内野安打や死球などで1死満塁とし、畑の犠飛で2点目を挙げた。

 瀬戸内は六回の沖繁の左前適時打による1点止まり。山岡は9奪三振と力投したが、五回は自らの悪送球が2失点目につながった。