明徳、花巻東など3回戦へ 全国高校野球選手権第6日 

  • LINEで送る

丸亀―横浜 5回表横浜1死二、三塁、高浜が左越えに3ランを放つ。捕手湯田=甲子園

 第95回全国高校野球選手権大会第6日は13日、甲子園球場で2回戦4試合を行い、明徳義塾(高知)、花巻東(岩手)、日大山形、横浜(神奈川)が3回戦に進出した。弘前学院聖愛(青森)、仙台育英(宮城)、聖光学院(福島)と合わせ、東北の代表校が5校勝ち上がるのは史上初めて。

 昨夏4強の明徳義塾は五回、宋の先制ソロ本塁打と犠飛で2点を挙げ、瀬戸内(広島)に2―1で競り勝った。明徳義塾は初出場から15大会連続の初戦突破。

 2年ぶり出場の花巻東は四回までに5点を挙げ、主導権を握った。終盤にも加点し、夏初出場の彦根東(滋賀)を9―5で下した。