夏の甲子園、49校参加し開幕 15日間の熱戦スタート 

  • LINEで送る

第95回全国高校野球選手権大会の開会式で、入場行進する箕島高の選手ら=8日午前、甲子園球場

 第95回全国高校野球選手権大会は8日、午前9時から兵庫県西宮市の甲子園球場で49代表校が参加して開会式を行った。今大会から準々決勝翌日に休養日が設けられ、15日間の熱戦が幕を開けた。

 真夏の晴天の中、4万人の観衆を集めた開会式では前回大会優勝校で史上7校目の夏の大会連覇を狙う大阪桐蔭高を先頭に、帯広大谷高(北北海道)から沖縄尚学高まで出場校が北から南の順で入場行進した。

 選手宣誓では帯広大谷高の杉浦大斗主将が「長い歴史の中で多くの先輩方が夢、感動、勇気を与えてくれました」と思いをはせ、「高校生らしくさわやかに、すがすがしくプレーすることを誓います」と話した。