松井秀喜氏がトークイベント 甲子園大会をテーマ 

  • LINEで送る

トークイベントに出演し、高校野球への思いを語る松井秀喜氏=7日午後、大阪市(朝日新聞社提供)

 プロ野球巨人や米大リーグのヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(39)が7日、大阪市内で甲子園大会をテーマとしたトークイベントに出演し「甲子園で野球がしたいという純粋な気持ちがよみがえってきた」と思いをはせた。同氏は全国高校野球選手権大会の8日の開会式と第1試合を観戦するため帰国している。

 松井氏は星稜で4度大舞台を経験。3年生だった1992年夏の明徳義塾戦での「5打席連続敬遠」にも触れ「仲間が松井に依存しすぎていた」と冗談で来場者を笑わせつつ「打って有名になったわけではないから、どこかで(力を)証明したいという大きなエネルギーになった」と語った。