イージス艦の2自衛官無罪確定へ 検察、上告断念の方針 

  • LINEで送る

 千葉県沖で2008年、海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船が衝突し漁船の2人が死亡した事故で、業務上過失致死罪などに問われた自衛官2人を無罪とした東京高裁判決について、東京高検が上告断念の方針を固めたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。26日午前0時の上告期限で無罪が確定する。

 2人は、いずれも当時の当直士官で3等海佐の後潟桂太郎被告(41)と、長岩友久被告(39)。

 公判の争点は漁船の航跡とイージス艦の回避義務の有無だった。11日の高裁判決は、「あたごに回避義務はなかった」として、一審横浜地裁判決に続き2人を無罪とした。