部内暴力PL学園の河野監督退任 夏の甲子園絶望 

  • LINEで送る

 部内暴力で6カ月間の対外試合禁止処分を受け、高校野球の夏の甲子園大会への道が閉ざされたPL学園(大阪)の河野有道監督(64)が退任していたことが28日、分かった。後任は未定。

 河野氏は16日付でPL教団職員になっているといい「責任を感じていて、そういう(辞任する)つもりもあったが、自粛していた練習を22日から再開して気分一新ということだろう」と話した。

 問題となった上級生による下級生への暴力は2月23日に発生し、同校は春季大阪大会の出場を辞退した。日本学生野球協会は今月9日の審査室会議で、発生翌日からの長期間の処分を決めた。