沖縄県警、死体損壊容疑で男逮捕 那覇の資産家不明事件

  • 0
  • LINEで送る

 那覇市の資産家男性の遺体を損壊、遺棄したとして、沖縄県警は18日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、同県南城市玉城、無職東恩納盛一容疑者(69)を逮捕した。「関与していない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年3月7日から8日ごろ、沖縄本島内で那覇市首里汀良町の資産家、城間誠光さん=当時(71)=の遺体を損壊し、遺棄した疑い。

 那覇署などによると、城間さんは昨年3月上旬から行方不明になっていた。昨年後半、東恩納容疑者の自宅を含む本島内の複数の場所で、城間さんのDNA型と一致する骨片が見つかり、県警が捜査していた。城間さんと東恩納容疑者は知り合いという。