浦和学院「夏も日本一目指す」 さいたま市に凱旋 

  • LINEで送る

初優勝し母校に凱旋、花束を手に近隣住民や教職員の歓迎を受ける浦和学院の森士監督(中央)と選手たち=4日午後、さいたま市

 春の選抜高校野球大会で初優勝した浦和学院の選手が4日、さいたま市に凱旋し、3年の山根佑太主将(17)が優勝報告会で「経験を生かし、夏も日本一を目指し練習したい」と話した。

 午後4時ごろ、さいたま市緑区の校舎にバスが到着。優勝旗を掲げて降り立った選手たちは、両脇に並んだ200人以上の教職員や近隣の住民、高校野球ファンらに出迎えられた。

 体育館で開かれた報告会には新入生ら約千人が詰めかけ、森士監督(48)が「やっと優勝旗を持って帰ることができた。皆様の応援があって、選手たちは一戦一戦成長できた」とあいさつした。