浦和学院17―1済美 浦和学院が安楽攻略 

  • LINEで送る

閉会式で優勝旗を受け取る浦和学院高の山根佑太主将=3日、甲子園球場(代表撮影)

 浦和学院が18安打で17点を挙げた。3連投した済美のエース安楽を攻略した。

 1点を追う五回無死二、三塁から小島の適時打で同点に追い付くと、山根の2点適時打で勝ち越した。さらに高田の2点二塁打などこの回は8長短打を集め、一挙7点。鋭いスイングで本来の球威がない安楽を捉えた。六回にも2点を加え、八回には打者12人の猛攻で、8点を加えて突き放した。先発の小島は8安打を許しながら、コースを丁寧に突いて7三振を奪い、1失点完投。守備も無失策でもり立てた。

 済美は二回に1点を先制したが、三回以降は好機を逃した。準決勝まで全試合完投した安楽は9失点で、六回限りで降板した。変化球主体の投球は、制球が甘くなった。五回の守備のミスも痛かった。