浦和学院、敦賀気比が4強 選抜高校野球第10日 

  • LINEで送る

準決勝進出を決め、応援席に向かって駆けだす浦和学院ナイン=甲子園

 第85回選抜高校野球大会第10日は31日、甲子園球場で準々決勝2試合を行い、浦和学院(埼玉)と敦賀気比(福井)が勝って準決勝に進出した。

 浦和学院は一回に高田の2点本塁打で先制すると五回にも2点を追加。2年生エース小島が七回まで1安打無失点の力投で北照(北海道)打線を抑えると、終盤に大量点を加えて10―0で大勝、初出場した第64回大会以来21年ぶりの4強進出を果たした。

 敦賀気比は、山田の2本塁打を含む11安打で9点を奪う効率的な攻めで聖光学院(福島)を圧倒。六回まで無失点のエース岸本から小刻みな継投で相手の反撃をかわし、9―3で勝った。