大阪桐蔭3季連続Vならず 県岐阜商、済美など8強 

  • LINEで送る

第85回選抜高校野球大会3回戦で県岐阜商高に敗れ、3季連続の甲子園大会制覇を逃した森友哉主将(左手前)ら大阪桐蔭高の選手=30日、甲子園球場

 選抜高校野球大会第9日は30日、史上初の3季連続甲子園大会制覇を目指した大阪桐蔭に逆転勝ちした県岐阜商と、済美(愛媛)、高知が準々決勝進出を決め、ベスト8が出そろった。

 県岐阜商は二回に逆転。左腕藤田が大阪桐蔭の反撃をかわし、5―4で競り勝った。県岐阜商は第49回大会以来、36年ぶりの8強入り。

 初出場優勝した第76回大会以来、2度目の出場の済美は、八回に勝ち越しの2点適時三塁打を放った2年生エースの安楽が、投げても1失点完投し、済々黌(熊本)を4―1で下した。

 高知は、3―1で常葉学園菊川(静岡)を振り切り、優勝した第47回大会以来、38年ぶりのベスト8。