大阪桐蔭が3季連続制覇へ発進 選抜高校野球第7日 

  • LINEで送る

大阪桐蔭―遠軽 一回表、中前打を放った大阪桐蔭・森友。この試合で4安打を放ち、勝利に貢献した=甲子園

 第85回選抜高校野球大会第7日は28日、甲子園球場で2回戦1試合と3回戦2試合を行い、史上初の3季連続甲子園大会制覇を目指す大阪桐蔭が3回戦に進み、聖光学院(福島)敦賀気比(福井)が準々決勝に進出した。

 初戦の大阪桐蔭は9四死球に長短10安打を絡めて11点を奪い、21世紀枠で出場の遠軽(北海道)に11―1で大勝した。

 聖光学院は3―3の七回に園部の本塁打で勝ち越し、鳴門(徳島)に4―3で競り勝った。春は初のベスト8入り。

 敦賀気比は中盤に5安打を集めて3点を先行。岸本が散発7安打に封じて盛岡大付(岩手)を3―0で完封し、3年ぶりの8強入りを果たした。