仙台育英、早実など勝つ 選抜高校野球大会第4日 

  • LINEで送る

創成館を破り、応援席に向かって笑顔で駆けだす仙台育英ナイン=甲子園

 第85回選抜高校野球大会第4日は25日、甲子園球場で2回戦3試合を行い、仙台育英(宮城)早実(東京)高知が勝って、3回戦に進出した。

 昨秋の明治神宮大会覇者の仙台育英は序盤で主導権を握り、八回には小林のソロ本塁打などで加点して春夏通じて初出場の創成館(長崎)を7―2で退けた。

 20度目出場の早実と37度目出場の龍谷大平安(京都)の伝統校同士の対戦は、六回まで無安打の早実が七回、打者9人の猛攻で4点を奪い、4―2で逆転勝ち。

 高知は七回に均衡を破ると、八回は4点を追加。酒井から坂本優の継投で関西(岡山)を5―1で下した。高知県勢は春夏通算170勝目。