鳴門2―1宇都宮商 代打・鳴川が決勝打 

  • LINEで送る

鳴門―宇都宮商 8回裏鳴門2死二塁、代打鳴川が中前に決勝打を放つ=甲子園

 鳴門は1点を先制された直後の三回2死二塁から4番伊勢の適時二塁打で同点。八回1死一、三塁では代打の鳴川がスクイズを失敗して2死二塁となったが、中前へ適時打を放ち、勝ち越した。板東は4安打1失点で完投した。

 宇都宮商は三回に先制し、飯岡、新井の継投で接戦に持ち込んだが、九回1死三塁の好機を逃した。