暴風雪、娘守った父と最後の別れ 北海道・湧別 

岡田幹男さんの葬儀で遺影を抱く親族=6日午後、北海道湧別町

 北海道を襲った暴風雪で、小学3年の長女を抱きかかえたまま凍死した湧別町の漁師岡田幹男さん(53)の葬儀が6日、同町東研修センターで営まれ、知人ら約200人が最後の別れを告げた。

 岡田さんは2011年に妻と死別し、長女の夏音さん(9)と2人暮らしだった。夏音さんは凍傷のため入院中で、葬儀を欠席した。

 雪が降る中、訪れた親族の女性(42)は「思い出がたくさんあるので胸がいっぱい。娘さんが成人するまで天国で見守ってほしい」と話した。

 岡田さん親子は大荒れとなった2日午後に行方不明になり、3日朝、岡田さんが夏音さんを寒さから守るように抱きかかえて凍死していた。


  • LINEで送る